…痛みを知った翼は、そのとき、あなたに確かに触れていた。
Slayer "Angel of death”